プログラミング初心者にオススメの書籍(Web全般)

プログラミング

前回に引き続き、エンジニアに転職する前に読んでいいなと思った書籍を今回も紹介していきたいと思います。前回は、RubyやRuby on Railsのオススメ書籍を紹介しましたが、今回はWeb全般について書かれた本を中心に紹介していきたいと思います。(※Webのみではなくネットワークの本も含みます)

1.TCP/IPの絵本

「TCP/IPって何?」って状態のころに初めて読んだ本です。表紙をみて「内容、大丈夫か?」ってなる方と思いますが、僕的にはかなりオススメです。
Webページでボタンをクリックすれば勝手にページが表示されると思ってたレベルの僕にでも、分かりやすくコンピュータ間のデータ通信の全体像を教えてくれたオススメ書籍です。

コンピュータにおけるプロトコルやネットワーク等の用語の説明やデータ通信時に行われている処理の全体像を手書きの分かりやすい絵で説明してくれています。図説がすごく頭に入ってきやすいので、過去の僕と同じ「TCP/IPって何?」ってレベルの方はここから入るといいと思います。

2.図説まるわかり ネットワークの仕組み

この本は実際にはエンジニアに転職したのちに、再度ネットワークの復習する際に買った本ですが、これも理解しやすかったので紹介します。
この本も前述の本同様TCP/IPの説明もありますが、この本にはインターネットだけではなく、社内等のプライベート環境でのルーターやスイッチの説明も入ってるため、社内のシステム管理の仕事をする予定の方にもオススメです。多分、これだけでは基礎レベルですが、全体を把握することはできると思います汗

僕の思うこの本のいいところは、トピックごとに見開き2ページで説明が終わるような仕様になっているため細切れ時間に少しずつ読み進めることができる点です。電車の中や仕事の休憩中にも読むことができると思うので、仕事が忙しい方にもオススメです。

3.Webを支える技術

この本も「エンジニアになりたい方にオススメの本は?」と聞かれると高頻度でオススメされる本です。
この本は上記の2冊とは違い、通信の全体的な説明(OSI参照モデル等)はなく、HTTPやURI、RESTなどネットワーク通信の最上層(実際にWEBページに表示される部分)に関係する技術に関する書籍です。

よくチュートリアル等をしてると出てきてなんとなく理解してんだけどよくわからない用語(RESTfulな設計、HTTPリクエストなどなど。。。)に関する知見を深めることができると思います。
また、これまでのWeb技術の遍歴なんかも載ってて興味深い本でもあります。

以上、プログラミング初心者にオススメの書籍(Web全般編)でした。