WordPressって何?(理念や歴史を公式ページから読み解く)

プログラミング

ブログを運営するとなるとCMS (Contentes Management System)の最有力候補として上がるWordpress。
仕事でWordpressを最近カスタマイズすることが増えてきたのですが、技術的なこと以外全然知らないことに気づいたのでWordpressってそもそもなんなのだろうか、Wordpressが開発された経緯や理念、歴史、その根底にあるものを今回、英語の公式ページから読み解いてみました。

WordPressのミッション

WordPressの公式サイト のページを読んでいるとWordpressの一番大事なメッセージが伝わってきます。

We believe in democratizing publishing and the freedoms that come with open source

https://wordpress.org/about/

上記の文は公式サイトの文ですが、これを意訳すると製作者たちは「『出版の民主化』、『オープンソース化による自由』を信じている」となります。
つまり、出版を新聞やテレビ、雑誌といった旧来のメディアだけに任せることなく、民衆が自分の理念や思想、意見を公開し、それを広く共有することができる自由を与えるためのソフトウェアだと言えるでしょう。

少しWordpressに対する考え方が変わってきませんか? 
僕は結構刺さりました。カッコイイですね。はい。

WordPress is software designed for everyone, emphasizing accessibility, performance, security, and ease of use. We believe great software should work with minimum set up, so you can focus on sharing your story, product, or services freely.

https://wordpress.org/about/

また、上記の分も公式にある文ですが意訳すると、開発者たちはこの理念を叶えるためのソフトウエアは必要最低限のセットアップで動き、利用者は自分のストーリーや製品、サービスを自由に共有することに集中することができなくてはいけないと考えているようです。
現在までに彼らが掲げたこれらの理念に共感する人々が集まり大きなコミュニティーが育ち、様々なプラグインやテーマが開発されています。

WordPressの歴史、ライセンス。

WordPress started in 2003 when Mike Little and Matt Mullenweg created a fork of b2/cafelog. The need for an elegant, well-architected personal publishing system was clear even then. Today, WordPress is built on PHP and MySQL, and licensed under the GPLv2. It is also the platform of choice for over 33% of all sites across the web.

https://wordpress.org/about/

WordPressは2003年にMike LittleさんとMatt Mullenwegさんが創始者がいなくなってしまったfork of b2/cafelogを分岐(フォーク)させ新たなサービスを作ろうとなったところから始まったようです。

そして、改良に改良を重ね2019年現在の最新バージョンは5系(5.x)となっております。

また、Wordpress本体はPHP、MySQLにより開発され、GPLv2.のライセンスにより提供されています。

GPLv2.とはGeneral Public Licence の略で、フリーソフトウェアのライセンスの1つです。簡単に言うと、目的は問わない、改変も自由、配布も自由、このライセンスのものをさらに改良して公開しコミュニティー全体が恩恵を受けられるようにするライセンスです。

そして、僕的にこのページで一番驚いた部分ですが、現在webで公開されている全てのサイトの33%はWordpressをプラットフォームとして選んでいるようです。本当に愛されまくってますね。。。。

なぜここまで使われるようになったのか

先述したように、WordpressはGPLv2.で作成されているため、世界中の人が自分の好きなようにカスタマイズし、公開・共有することで利用者の選択肢が増え、魅力あるソフトウェアになったことが大きなところでしょう。

また、WordpressはPHPを実際に書くことなく、自由にカスタマイズすることができることもWordpressの魅力の1つだと思います。

このブログもWordpressを利用しています。このレベルのソフトウェアが無料で使えるなんて本当にありがたいです。将来、ゲキ強エンジニアに慣れたらぜひ貢献してみたいとも思ってます。

ブログを初めてみたい人へ、最後に。。。

現在、無料・有料でブログのサービスを提供している会社はいっぱいいありますが、自分で色々カスタマイズするとなると正直物足りないと思います。

そういった方はぜひ 出版の民主化」、「オープンソース化による自由」を掲げるWordpressでブログを初めてみましょう!!